こよみのRPGプレイ日記~愛しのフローラ~

ドラクエとか新桃とかのプレイ日記です。

オクトパストラベラー vol.1~仇討のプリムロゼ~



広告

「オクトパストラベラー」の体験版ダウンロードが開始。(2018/6/15)

しかも、この体験版、製品版へセーブデータ引継ぎが可能。

ただし、プレイできるのは、ゲームスタートから3時間分だけ。

スクウェア・エニックスはこのゲームによほど自信がおありのようだ。

つまり、

『3時間もプレイすれば、製品版買うくらいハマるぜ』

という思惑ということ。

そこまでの自信を持ってるなら、プレイしてやらんでもない。

 

OCTOPATH TRAVELER [Switch](2018/7/13発売)


『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』紹介映像 総集編

 

上記のPVを観てもらえればわかるとおり、本作は昔懐かしドット絵のゲームなのである。

このご時世に本作を出すというのは、かなり勇気がいりそうだが。

 

広告

 

 

プレイ開始

せっかく体験版があるのだから能書きはおいておいて、早速プレイしてみよう。

本作では、主人公を8人から選択できる。

選択したのは、、、

踊子プリムロゼ

踊子のプリムロゼ。

特技の「誘惑」に私自身が魅了されてしまったというわけだ。

 

目の前で父親が殺されるところから始まり、仇討がこのキャラクターの当初の目的。

CERO C納得の重苦しい話である。

 

仇を探して、彼女は毎夜舞台で舞い踊る。

テンプレート的なやらしい劇場支配人が登場。

踊子の裏の仕事

支配人「舞台が終わったらいつものように儂の部屋においで

ドット絵だと、せっかくの踊子のセクシーな衣装が視認できない。

ステータス画面

ステータス画面はこんな感じ。

固有アクションが「加勢」なので、きっと本人のステータスは他キャラに比べて低めなんだろうな。

 

フィールドアクション:誘惑

プリムロゼの特技「誘惑」もストーリー内でチュートリアル的に使わされる。

劇場の客引きで道端の紳士を誘惑。

紳士を誘惑しますか?

成功率:100%。

チョロい。

まんまと魅了される紳士

紳士「あああ、その美しさには逆らえません……

 

戦闘

劇場に現れた仇を追って初ダンジョンへ。

フィールドのドット絵のまま戦闘開始。

踊子の特技は、加勢の他にも、攻撃力アップや素早さアップの補助呪文がある。

戦闘画面

ダンジョンに入る前に誘惑した老人が、プリムロゼの5倍以上の打撃力があり唖然。

プレイヤーキャラクターの立場は?

1章のボス

支配人を倒して、1章終了。

彼女の本当の旅が始まる。

体験版はここまで。

 

体験プレイを終えて

1時間ほどプレイしてみて。

これ、買うわ。

ビジュアルも懐かしいし、ストーリーもすぐ入り込めるほどよく練られている。

まんまとスクウェア・エニックスの戦略にはまってしまった。

 

今後、別の主人公の話も紹介できれば良いのだが。

 

↓つづき

play.yaguchimemo.xyz

広告