読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こよみのRPGプレイ日記~ビアンカより普通にフローラが好き~

ドラクエとか新桃とかのプレイ日記です。

ドラクエ5 vol.1~フローラとの出会い~



広告

長らく使ってなかったドラクエ5のDSソフトと3DS本体をひっぱり出してくる。

画像の無いプレイ日記は退屈なので、極力画像を載せようとは思う。

が、思った以上にDSの画像取り込みはめんどくさかった。

 早くも挫折しそう。

 

今回のドラクエ5プレイのテーマは、

特にしばりプレイも何もなく、

単純にフローラと結婚して冒険をする

ということ。 

 

※↓前回記事

play.yaguchimemo.xyz

この時点で、このプレイ日記を読んでくれる人がいるのか正直不安だが、まあやってみようと思う。

 

 

ゲーム開始

DS版はオープニングに追加シーンがあるのか?

SFC版ではどんなんだったっけ?思い出せない。

主人公の名付けシーン

勇者の父「こよみ」の誕生である。

ドラクエ5タイトル

この絵に、あの曲。

何度聞いても感慨深いですな、ドラクエのオープニングは。 

物語は船内から始まる

ストーリーは船内の部屋から始まる。

うろうろしている間に港に到着。

デボラ初対面

デボラとの初対面。

幼いころからホント可愛くないやつだ。

フローラ初対面

お目当てのフローラ

早く大人になって迎えに行くから待っててね。

このあと、実はフローラの後を追いかけて船内の部屋へ入ることができます。

かわいいフローラ

まあ、とくに思い出に残るような会話は設定されていないんですけど。

 

幼少期から高圧的なデボラ

ちなみに、デボラのセリフはいちいちちゃんとにくたらしいです。

 

そうこうしている間にサンタローズの村に到着。

幼馴染のビアンカと再会。

ビアンカとの再会

もちろん、覚えているとも。

人生2回分添い遂げたのだから!!(SFC版)

後半ずっと酒場に預けてたけど。

DS版のドット絵では、ビアンカが一番可愛いかもしれない。

でも、今回は選んであげられないんだ。

ごめんよ。 

 

広告

 

 

初ダンジョン

父パパスが家を出ていく。

パパスは村の洞窟へ入っていった。

後をつけるこよみ。

が、爺さんにトウセンボを喰らう。

あの、、、お爺さん邪魔っす。。。

じいさんがとうせんぼ

 

この爺さんのセリフで、DS版ドラクエ5を買ったころの思い出がよみがえってきた。

RPGをやったことない友人が、ドラクエをやってみたいというのでやらせてみたのだ。

 

友人 「RPGやったことないんだけど、大丈夫かな?」

こよみ「町の人と会話して、それをヒントに冒険するんだよ。

    小学生でもできるから大丈夫だよ」

 

1時間くらいたってDSの画面を覗いたところ、友人はまだサンタローズの村をウロウロしていた。

 

こよみ「はよ洞窟行けや!!」

友人 「だって、爺さんが『お父さんの邪魔するな』って言ってたから。。。」

 

 

。。。素直やな。

 

 

私が声をかけなかったら、まだしばらく村の中を徘徊してたに違いない。

ちなみに、今回ここまで私が進めるのにかかったプレイ時間は15分くらい。

つまり、あのとき友人はそのあと45分も村を徘徊してたことになる。

よく投げ出さなかったもんだ。。。

 

 

話が脱線してしまったので、元に戻す。

村をのタンスやらタルやらをあさり、アイテムを回収。

「守りの種」と「力の種」をゲット。

種系アイテムはすぐさま使う。

ドラクエでは種を温存する人が多いが、すぐに使ったほうが効果が高いというのが持論。

種で特定のパラメータが最大3上がる。

主人公初期ステータス

初期ステータスはこんな感じだ。

ここで、種を使うと、

 みのまもり:3 → 守りの種使う →  みのまもり:6

こんな風に、みのまもりが一気に2倍になるわけだ。

これが物語の後半だと、

 みのまもり:110 → 守りの種使う →  みのまもり:113

こんな感じで、同じ種の効果でもありがたみが全然違う。

1000円もらうとして、小学生時代とおっさんになってからとでは嬉しさが違うのと同じですな。

 

ちなみに私は、ゴールド貯めとか、レベル上げとかが大嫌い

サンタローズの村にある武器屋には目もくれず(所持金が足りないため)、父パパスのあとを追う。

守り種と力の種の効果か、初期装備のまま一往復で初冒険を終えた。

 

ビアンカ親子とアルカパへ

翌日、ビアンカ親子とアルカパへ向かうことに。

 

↓つづき

play.yaguchimemo.xyz

広告