読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こよみのRPGプレイ日記~ビアンカより普通にフローラが好き~

ドラクエとか新桃とかのプレイ日記です。

新桃太郎伝説 vol.25~山姥封殺~



広告

※↓前回のプレイ日記

play.yaguchimemo.xyz

 

サルカニの村から造船所へ

風神雷神が仲間に加わったものの、即加入はさせない。

例によってお二方ともLv1に戻ってらっしゃるので。

先の戦いで「雷電(メラゾーマ)」&「火走り(ベギラゴン)」を乱発してた雷神様も仲間になった途端にそのことを忘れ、習得術が「炎(ギラ)」&「小波(イオ)」のみになってしまっている。

直後にボス戦あるので、海に出るまでは城に放置プレイ。

 

やまんばの洞窟に浦島がいるとの情報

宿屋で浦島の情報も得たし、造船所へ向かう。

 

きんそう(ザオリク)の術

きんそう仙人 仙人大集合

その道中できんそう(ザオリク)を習得。

きんそう仙人含む4人の仙人を鹿角3発で撃破。

 

広告

 

 

山姥(やまんば)の洞窟

造船所は今や「山姥の洞窟」と化しているようだ。

で、またヤな奴が待っている。

やまんばの洞窟

もう、勘弁してください。。。

 

BOSS「ダイダ王子」(4回目)

ダイダ王子飽きた

ダイダ王子

「風神、雷神との戦いでまた成長したようだな!

 ところで桃太郎!

 お前は本当にカルラが嘘をついていると思うのか?」

桃太郎「▶はい」

ダイダ王子

「そうか…そこまでお前は言うのか…」

あしゅら

「ダイダ王子!

 閻魔様は今どこにいると思われますか!」

ダイダ王子

「黄泉の塔と聞いておるが…」

あしゅら

「奈落の底ですよ!ダイダ王子!」

ダイダ王子

「まさか!」

夜叉姫

「お兄様!アジャセお兄様もカルラ退治に加わりましたよ!」

ダイダ王子

「何!アジャセまで…!」

ダイダ王子「もう一度考え直してみる必要がありそうだな!」 ダイダ王子「オレと戦うか?」

ダイダ王子

「もう一度考え直してみる必要がありそうだな!

 どうだ!桃太郎!

 オレと戦うか?」

桃太郎たちは不意を突かれた! ましらに不意打ち!

桃太郎はふいをつかれた!

ましらは60の打撃を受けた!

 

正々堂々と「戦うか?」って言われてるんだからふいつかれるなよ。。。

ましら油断しすぎ。。。orz

桃太郎にダメ出し したかとおもったら成長を褒めてくれた

ダイダ王子

「戦いに形がない!

 まだ術をどこでかけるのか判断があまい!」

ダイダ王子は戦いをやめてしまった!

ダイダ王子

「桃太郎!心・技・体いずれも大きく成長したな!

 次に会うときは本気で戦えそうだな!

 楽しみにしているぞ!」

 

まあ例の台詞をはいて、また去っていくのでした。

 

山姥の洞窟最深部

洞窟の奥から奥の声が聞こえてきた……

洞窟の奥から鬼の声が聞こえてきた… 姿が見えてないのに見張りの鬼の台詞だと分かるのはどういう理屈なんだろう

造船所で強制労働をさせられているようだ。。。

 

竜鬼船とやらを作らせているらしい 燈台鬼

職人の横に鬼がついてるが、雑魚だったので戦闘は省略。

造船所は鬼だらけ

洞窟内を見渡してみると鬼がいっぱいいる。

「ごめんよ浦島さん!」 「金太郎さんくらい力があれば…」

洞窟奥でようやく浦島発見。

職人A

「う、ううう…ごめんよ浦島さん!

 オイラをかばったばっかりにこんなひどい目に…

 ああ!金太郎さんくらい力があれば助けられるのに!」

 

ん?何かの示唆?

とりま、浦島の目の前の鬼を退治してしまいますか。 

見張りの鬼が浦島へのへの行く手を阻む 襲い掛かってくるが瞬殺

戦闘省略。

 

浦島がやられている

浦島

「ハァ……ハァ……

 桃太郎さん…皆さん…だいじょ…ぶ…です…か…?」

 

ん?

何も話が進まない。。。

 

「金太郎さんくらい力があれば…」

職人A

「ああ!金太郎さんくらい力があれば助けられるのに!」

 

やっぱ金太郎が必要なのか。。。

連れてきてないよ。。。

ここまで来たのに出直しかよ。。。

 

金太郎の装備

金太郎の参加は久々なので装備を整える。

 

金太郎【戦士】

・銅のまさかり [60] → 銀のまさかり [70]

・はちがね [8] → かぶと [12]

・木綿の腹がけ [22]

・シシの足袋 [21] → ヒョウの足袋 [27]

 

あしゅらが絶好調に

出直したら、このタイミングであしゅらが絶好調に。

もうボス戦は絶好調にして挑まないことにしたのに。。。

まあ、今回は不可抗力ってことで。

金太郎を連れて再度話しかけると 浦島を救える

金太郎で浦島を助けると、、、

浦島

「金太郎さん!いつもすみません!

 桃太郎さん!山姥は鬼の船を何100隻もつくらせています!

 海にあんな船が現れたら漁師が魚を捕れなくなります!

 竜鬼船を早く壊さないと大変なことになります!

 桃太郎さん!どうか私をまた旅の仲間に加えてください」

浦島は一旦引っ込める

ごめん。この直後にこのままBOSS戦突入だから。

装備も整ってない、レベルも低い浦島は、今用なしっす。

 

BOSS「山姥(やまんば)」

やまんばがせっかく登場するも絶好調の星に隠れて見えない やまんば

山姥の登場。

例によってカルラにだまされ、桃太郎に戦いを挑んでくる。

 

ましらは「毎ターンバイキルト」を唱えて、あしゅらは通常攻撃。

 会心の一撃!262の打撃!

あしゅらの攻撃!

かぎづめにやどる鬼神の魂がいきりたつ!

連続攻撃!

山姥に101の打撃を与えた!

山姥に99の打撃を与えた!

山姥に94の打撃を与えた!

山姥に95の打撃を与えた!

会心の一撃! 山姥に262の打撃を与えた!

山姥に94の打撃を与えた!

 

あしゅらマジで絶好調。

「鬼のかぎづめ」効果の連続攻撃が2連続で発動し、、、

山姥を懲らしめた

山姥に行動をほとんどさせることなく、あっさり撃破。

桃太郎が「鹿角」の1回も出してない。。。

 

絶好調で挑むと思った通りBOSS戦がつまらない。

この戦いなしで。

このRPGのBOSS戦はやっぱ「鹿角」使ってなんぼでしょ!!

 

BOSS「山姥(やまんば)」(再戦)

あしゅらの絶好調を解除して仕切り直し。

浦島を救うところから再スタート

さあ!!

桃太郎の必殺!!

「鹿角」を喰らいやがれ!!!

やまんばは封印の術を唱えた! 桃太郎の術は封印された!

山姥は「ふういん(マホトーン)」の術を唱えた!

桃太郎の術は封印された!

ましらの術は封印された!

あしゅらの術は封印された!

金太郎の術は封印された!(術ないけど)

 

 

結局、「鹿角」使えないんかい。。。

ってかやけに弱いBOSSだなと思ったら、こいつの特性はマホトーンだったのね。。。

山姥の強さの根源がわからないまま進んでいたら申し訳なかったので、再戦して良かったかな。

地道な攻撃で削る 「つい…」じゃねぇーよ!

まあ、あしゅらが絶好調でなくとも、地道に攻撃すれば撃破できます。

そもそも回復術なしで倒せるBOSSですから。

 

船入手

とうとう船入手? サルカニの村での待機を促される

桃太郎に船を作ってくれるようです。

サルカニの村で待ってろというので、ひえんで戻ってみると、

すぐに造船所に引き戻される さっきは何のためにサルカニの村に戻されたんだ?

「桃太郎さん!船が出来ました!

 早くいらしてください!」

そんで自動でまた造船所に引き戻される。

なんで一旦追い返したんだ。。。

さっきすぐ船くれりゃよかったのに。。。

 

大海原へ飛び出す!

 

次回、海へ!空へ!!海底へ!!!

 

※記事の最後をvol.26へ移行(2016/8/23)

 

↓つづき

play.yaguchimemo.xyz

広告