こよみのRPGプレイ日記~愛しのフローラ~

ドラクエとか新桃とかのプレイ日記です。

ドラクエ3 vol.1~旅立ち~

※↓前回記事

play.yaguchimemo.xyz

 

実は、ファミコン版のドラクエ3は今回が初だったりする。

以前にクリアしたことがあるのは、スーパーファミコンのリメイク版。

 

ゲーム開始

さて、ドラクエ3開始。

自宅で起床

「この日のためにお前を勇敢な男の子として育てたつもりです。

唐突だなオイ。

オープニングもクソもなくいきなり始まる勇者劇。

ってか、、、

若作りな母

母ちゃん若ぇな!

グラフィックから察するに、ヘソ出しルックである。

20才の時の子だとしても、勇者が16才ってことは現在36才。

相当な若作り。。。いや、考えるのやめよう。。。

 

母に連れられるがままお城へ向かう。

王様の無茶振り

「魔王バラモスを倒してまいれ!

展開、急すぎませんか?

まあいいけども。

 

冒険者が集まるというルイーダの酒場へ向かう。

初期登録のムサいおっさんたち

ムサいおっさんばっかり詰め込まれているので無視。

せっかくの二人旅なんだから相方は若いねえちゃんに限る。

 

魔法使い「ひたぎ」を登録してみた。

勇者Lv1 魔法使いLv1

こよみ:Lv1 / HP17 / MP6 / 攻20 / 守10 /(力8 / 早5)

ひたぎ:Lv1 / HP11 / MP8 / 攻4 / 守10 /(力2 / 早4)

 

初期ステータスはこんな感じ。

「゛(濁点)」も1文字扱いなのな。

※「体力」&「賢さ」&「運の良さ」はほぼ死にステなので書かない。

 

戦闘開始

フィールドへ出るなり戦闘に。

Lv1の魔法使いはメラしか唱えられず、まだ有力なダメージソースでない。

初戦闘初勝利

初戦闘なのに容赦ない敵の数。

いきなり瀕死に。

こよみ:HP 9 / 17

ひたぎ:HP 3 / 11

実家に戻る。

自宅療養

ひたぎさんとお泊りだウヘヘ。。。

 

広告

 

 

ナジミの塔

ナジミの塔

フィールドに出たらすぐ西に見える塔が最初の目的地。

ナジミの塔を目指すも、魔法使いのMP切れでフィールドと実家との往復をしてるうちに、装備も充実。

勇者Lv6 魔法使いLv6 

こよみ:Lv6 / HP52 / MP25 / 攻30 / 守22 /(力18 / 早8)

・武器:銅の剣 [12]

・体:旅人の服 [8] → 皮の鎧 [12]

・盾: → 皮の盾 [4]

・頭: → 皮の帽子 [2]

ひたぎ:Lv6 / HP32 / MP32 / 攻20 / 守14 /(力6 / 早8)

・主力呪文:ヒャド(消費MP3、詠唱可能回数10)

・武器:ヒノキの棒 [2] → 聖なるナイフ [14]

・体:旅人の服 [8]

・頭: → 皮の帽子 [2]

 

ヒャドは約30与ダメージだからこのあたりの敵に対しては即死級のダメージソースだが、最大MPが32なため、たった10発でガス欠になってしまう。。。

あと、魔法使いは素早いイメージがあったのだが、思ってたより上昇しない。

お供を魔法使いにしたのは選択ミスか!?

(素早さの1/2が守備力の基本値になるので、魔法使いなら素早いからある程度固いだろうと高をくくっていた)

 

盗賊の鍵入手

一気にナジミの塔の最上階まで駆け上がり、「盗賊の鍵」入手。

 

いざないの洞窟

魔法の玉入手

盗賊の鍵で入れるレーベの村のとある家で「魔法の玉」をもらえる。

魔法の玉を仕掛けると… 新たな道が!

早くもアリアハン大陸脱出。

 

 

↓つづき

play.yaguchimemo.xyz

ドラクエ3 vol.0~魔法使いと二人旅~

ドラクエ8プレイ時、「ラーミア」の名称を聞いてプレイしたくなってしまった。

ドラクエ8 vol.26参照

例によって、ドラクエ中毒が再発動したようだ。

 

ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ・Ⅲ [Wii]

 
Wii ドラゴンクエスト1・2・3 OPムービー

 

Wii版ドラクエ1・2・3がアマゾンで19,200円になっとる!!(2017年5月現在)

えらいプレミアついてんな。(定価4000円台じゃなかったっけ?)

この記事書き終わったら売りにいこっと。

 

広告

 

 

プレイするはファミコン版 

ドラクエⅠ・Ⅱ・Ⅲのファミコン版&スーパーファミコン版完全移植(まあ手抜き移植しただけってこと)Wiiソフトである。

今回はこの中でファミコン版のドラゴンクエストⅢをプレイしてみたいと思う。

 

なぜ、ファミコン版なのか?

以下に、スーパーファミコンリメイク版での追加要素を紹介する。

 

①範囲武器(ムチ、ブーメラン)追加

FC版では、呪文のみが複数攻撃の手段だったにもかからず、勇者も戦士も普段から物理で複数攻撃できてしまう。

②職業「盗賊」追加

装備も充実していて、なおかつMPも成長する最強職。

コイツの登場で戦士がゴミと化した。

③「すごろく場」&「小さなメダル」追加

各地に「すごろく場」なるものの登場と「小さなメダルの景品」とで、多くの救済装備が手に入ってしまう。

④追加装備の充実

耐性装備や武闘家の武器などなど役立ち装備が多数追加されている。

 

スーパーファミコン版では、ファミコン版にない新要素が追加されているのだが、これが救済要素満載で難易度が激下がりしている。

要するに、合理的な攻略を目指すにはつまらないゲームに成り下がっているのだ。

(合理的に冒険しなくても、元から楽勝で攻略できるので)

これが、今回ファミコン版を選択した所以である。

 

合理的な攻略は二人旅?

勇者&魔法使い二人旅

勇者&魔法使いの二人旅で挑んでみる。

ドラクエ3は初の4人パーティーで冒険ができるドラクエであり、この4人パーティーでの攻略難易度調整はすばらしく絶妙である。

しかし、ドラクエ3では、敵からの経験値を冒険者の人数で割る仕様。

敵から得る経験値を600とした場合、4人パーティーなら各キャラに150ずつ取得経験値が振り分けられる。

それが、3人なら200ずつ、2人なら300、勇者1人なら600といった具合だ。

つまり、パーティーの人数が少ないほど各キャラの取得経験値が多くなり、レベルアップも早くなるのである。

かと言って、勇者一人旅ではひたすら物理攻撃を繰り返すこととなり、冒険の効率が下がる。

ゆえに、勇者にもう1人加えた二人旅くらいが効率的だと予想した。

いろいろ調べてみると、FC版ドラクエ3で二人旅をする場合、連れゆく仲間には戦士が推奨されているようだが、その理由は「戦闘中に使用すると攻撃呪文効果がある武器があるため」とのこと。

だったら最初から攻撃呪文を使えるキャラの方が潔いはずだ。

 

次回より、魔法使いとの二人旅のポイントやら、気づいたことやらを、冒険しながら書き綴っていくつもり。

 

↓つづき

play.yaguchimemo.xyz

ドラクエ8 vol.31 [LAST]~竜の試練:後編~

※↓前回のプレイ日記

play.yaguchimemo.xyz

 

裏BOSS8連戦

さて、いよいよ最後の裏ボス戦。

竜の王の真の強さをとくと味わうがよい! 

これまで同様、まずは人型の竜神王と戦い、、、

竜神王をやっつけた!

竜神王をやっつけた!

 

このあと最後の裏ボス戦が始まるかと思いきや、実はこれまで倒した6竜との連戦を経るという仕様なのである。

深紅の巨竜をやっつけた! 深緑の巨竜をやっつけた!

白銀の巨竜をやっつけた! 黄金の巨竜をやっつけた!

黒鉄の巨竜をやっつけた! 聖なる巨竜をやっつけた!

長ぇわっ!!(ここまでの7戦1時間30分かかっている)

 

最終裏BOSS「永遠の巨竜」

最終裏BOSS「永遠の巨竜」

ようやくコイツまでたどりついた。

例によって1ターン2行動なのだが、こやつの凶悪度合いはこれまでの比ではない。

 瞬殺!

こよみたちは全滅した!(瞬殺)×2回

 

オレの3時間返せ!!

 

以下に、凶悪な裏ボスの攻撃パターンを紹介。

ちなみに、これまでの竜と同じく1ターン2回行動である。

 

①テンション上げ×2

永遠の巨竜:テンションが20あがった! 永遠の巨竜:テンションが50あがった!

1行動で2回テンションを上げやがる。

ゼシカは579のダメージを受けた!

当然そのあとの通常攻撃は、即死級ダメージとなるわけだ。

 

②凍える吹雪&灼熱の炎

永遠の巨竜:こごえるふぶき 永遠の巨竜:しゃくねつの炎

通常なら130~160ダメージなわけだが、テンション上げ後に使用されると、全員500ダメージとか喰らうので全滅必至。

とりあえずフバーハ必須。

そんなんずるすぎるやろ。

 

③マダンテ

永遠の巨竜:マダンテ

全員300ダメージ喰らう。

テンション乗ったらもっとダメージ増えるの?

チートすぎる。

 

 ④おたけび

永遠の巨竜:おたけび

常に誰かが死んでいるので、毎ターンザオリクを唱えなければならない状況だってのに、行動不能にしてくる。

 

⑤凍てつく波動

永遠の巨竜:いてつく波動

回復で手一杯な中、ようやくルカニ×2→バイキルト→テンションあげ、と手順を積み重ねようとしたところへ「凍てつく波動」である。

  

 

さて、どうしたものか?

 

作戦1)ゼシカに「星降る腕輪

この永遠の巨竜は素早さの設定が高く、高確率で先制してくる。

何も行動できないままやられてしまうのだ。

ゆえに、ゼシカのピオリムが必須なのだが、そのピオリム発動前に通常攻撃でゼシカが沈められてしまう。

ピオリム発動のためにも、ピオリム前でもゼシカが先制をとる必要がある。

ククールの星降る腕輪を渡してしまうと、今度はククールが遅くなるので、このタイミングでもう1つ錬金をば。

 

作戦2)ククール杖スキル「MP毎ターン回復

とにかく長期戦になるのだが、エルフの飲み薬を使うタイミングすら難しい。

そもそもククールが攻撃することはないので、剣→杖に持ち替え、スキルの種ドーピングでMP毎ターン回復を習得。

 

 

以上の準備を整え、下記の行動選択。

ゼシカ:ピオリム or フバーハ or バイキルト→こよみ or ハッスルダンス

ヤンガス:「ふしぎなタンバリン」

こよみ:ためる→ドラゴンスレイヤー装備でドラゴン斬り or ベホマズン

ククール:「氷の盾」&「炎の盾」フバーハ or スクルト or ベホマラー

 

永遠の巨竜をたおした! 永遠の巨竜をやっつけた!

永遠の巨竜をやっつけた!

 

やっと終わった。。。

 

竜神王からのお褒めの言葉 満足げな勇者たち

竜神王

「…信じられぬ。

 全てのチカラを解放したこの私を倒せる者が存在するとは……。

 

ちなみに、この裏ボスをたおしても何の報酬ももらえず、ただこのセリフが聞けるだけである。

 

前回セーブポイントから3時間近く経過

今回のセーブは、前回セーブポイントから3時間近くが経過している。

全滅→リセット×2の3時間を加えると、6時間も竜と戯れていたことに。。。

 

広告

 

 

改めてエンディング

スキルの種も余ってるし、ゼシカのマダンテでも拝んでみようかと。

せっかく大ダメージを与えられる攻撃なのだから、ラプソーン戦で使用してみる。

ゼシカのテンションが100あがった!

ゼシカのテンションを100にして、、、

ゼシカはすべてのまりょくをときはなった! 暗黒神ラプソーンへ5008のダメージ!

ゼシカは全ての魔力を解き放った!

暗黒神ラプソーンへ5008のダメージ!

 

あれ?

マダンテ覚えさせて永遠の巨竜に挑んでたら、もっと楽勝だったのかな。。。orz

 

今更後悔しても遅いけど。

 

竜神装備で正装するこよみ 誓いのキスでエンディング

せっかくなので竜神装備ver.のエンディングも見てみました。

 

 

長かったドラクエ8の旅も今回でおしまいです。

ありがとうございました。 

 

広告